王子・十条エリア 2

王子神社

おうじじんじゃ王子本町1-1-12
王子神社鳥居 王子神社大イチョウ

王子神社は中世に熊野信仰の拠点となった神社です。王子村は古くは岸村といいましたが、紀州熊野三所若一王子が勧請され、王子村と改められました。

非常に高い格式を持つ神社で、最盛期には飛鳥山も支配地としていました。
北区指定無形民俗文化財民俗芸能「王子田楽」を奉納する8月の祭礼や、12月の熊手市などの風物詩をはじめ、天然記念物として東京都指定文化財となった大イチョウ、理容業界の神様とされる関神社と毛塚があります。

この大イチョウは大正13年の実測によると目通り幹囲は6.36m、高さは19.69mだったそうです。都天然記念物には昭和14年3月に指定されました。

「関神社」は関蝉丸神社の御神徳を敬仰する人たちが「かもじ(髪を結う時自分の髪に添え加える毛)業者」を中心として、江戸時代に王子神社境内に奉斎したことを創始としています。

「毛塚」は釈尊が多くの弟子を引き連れて、祇園精舎に入られた時、貧女が自らの髪の毛を切り、油にかえて献じた光が、大突風にも消えることなく煌煌と輝いたという言い伝えから、毛髪を扱う業者によって毛髪報恩と供養のために昭和36年5月24日、建立されました。

開設時間 9:00-17:00(社務所)
行事
王子神社例大祭(槍祭)
8月第1日曜日
8:00 みこしの渡御(本祭のみ) 16:00 王子神社田楽舞
熊手市
12月6日
12:00~22:00 開運熊手の頒布
花・木
  • 大イチョウ
  • ツバキ
トイレ・バリアフリー トイレ :あり
バリアフリー設備:社殿前はスロープ
説明板 東京都設置文化財説明板/王子神社の銀杏
北区教育委員会設置文化財説明板/王子田楽
所在地 王子本町1-1-12
連絡先 03ー3907-7808