赤羽・志茂エリア 1

宝幢院

ほうどういん赤羽3ー4ー2
宝幢院

かつては浮間の西野にあったといわれ、その跡は宝幢院屋敷と呼ばれていました。

宝幢院の開山は宥鎭和尚の開基で寛正2年(1461)です。 慶安2年10月、徳川三代将軍家光公より寺領として赤羽根村内に10石余を賜りました。 明治維新後の神仏分離まで八幡神社の別当寺でした。

院前の道しるべは江戸中期につくられたもので、
「東 川口善光寺道日光岩付道」「西 西国冨士道 板橋道」「南 江戸道」と刻まれています。この地が交通の要であったことがわかります。

開設時間 4月~9月 7:00~18:00
10月~3月 7:00~17:00
行事
節分祭
15:00 護摩焚き
16:00 境内で豆まき
花・木 サクラ
説明板 北区教育委員会設置説明板/宝幢院前の道標
所在地 赤羽3ー4ー2
連絡先 03-3901-0468