王子・豊島エリア 12

大防橋址

だいぼうばしあと王子5-2
大防橋址

十条製紙の構内に入り込んでいた甚兵衛堀に架かっていた橋です。

王子5丁目団地東北端にあります。

その昔、日本中を行脚(あんぎゃ)していたお坊さんがこの橋で泥棒に殺され、死体は堀に投げ込まれました。 それから毎晩、橋を人が通りかかると「うらめしや・・・」とお坊さんが化けて出るようになり、 村人は「大坊主(でっかんぼう)のお化けが出る」とうわさしました。

それからこの橋は「でっかんぼう橋」と呼ばれるようになりました。 村人が手厚く供養したので、怪異は止んだということです。

所在地 王子5-2
連絡先 飛鳥山博物館事業係
03-3916-1133