王子・西ケ原エリア 2

紙の博物館

かみのはくぶつかん王子1-1-3(飛鳥山公園内)
紙の博物館 紙の博物館

北区は洋紙の発祥地。

明治6年王子村に渋沢栄一によって抄紙会社が設立され、日本の製紙工業の先駆的な役割を果たしました。紙の博物館は、昭和25年にレンガづくりの製紙工場の建物を使い、開館したのがはじまりです。紙に関する資料は50,000点以上に及びます。イベントなど詳しくは紙の博物館ホームページをご覧ください。

飛鳥山公園内にある「北区飛鳥山博物館」「紙の博物館」「渋沢史料館」の3館共通入場券(一般720円、小・中・高校生240円)は、各館で購入できます。

飛鳥山3つの博物館

花・木 ソメイヨシノ(3月下旬~4月上旬)・サトザクラ(4月中旬)・ツツジ(5月上旬)・アジサイ(6月上旬~中旬)・モミジ(10月下旬)
トイレ・バリアフリー 点字ブロック(アプローチ、エントランス、路面、エレベータ、トイレ入口)、玄関 にスロープ、身障者用トイレ
開館時間 10:00~17:00
休館日 月曜、年末年始、臨時休館日※祝日・振替休日が月曜の場合、その翌日が休館日
入館料
  • 一般300円
  • 小中高100円
  • 団体扱い(20名以上) 一般240円 小中高80円
所在地 王子1-1-3(飛鳥山公園内)
連絡先 03-3916-2320
紙の博物館ホームページ