トップページ > 歩きたくなるまちホームページを作る会の活動

歩きたくなるまちホームページを作る会の活動

平成13年
8月17日発足
    ・王子界隈の歴史を、北区史を考える会 石鍋さんよりお話しいただきました。

9月  北区史を考える会会長 石川さんより赤羽の歴史について
    ・赤羽駅西口の亀ヶ池の伝説や、志茂の黒田機械・パリー館などのお話を伺いました。

10月 赤羽まちあるき
    ・赤羽台、岩淵水門や赤羽一番街商店街など、赤羽出身のバンド「エレファントカシマシ」にちなんだ場所などを歩きました。
    達来(たっくる)上でPRしたところ、ファンの方が6名集まりました。

11月 赤羽まちあるきをふりかえって
   ・荒川河川敷が犬の散歩のメッカというお話がありました。

12月 話し合い。
   ・事務局より提案。テーマを設けてそれに沿って既存のコース紹介と連動させたらどうか。
   会議では「洋館」「江戸の観光地」「文学に登場する北区」の3テーマがあげられました。

平成14年
1月  テーマとまち歩きについての話し合い。
   ・サイト構成について事務局より説明。
   ・前回のテーマ「江戸の観光地」に関係するAコースを歩くことになりました。

2月  話し合いとまち歩き(観光ガイドAコース)2月は2回開催。
   ・事務局より進捗状況を報告。
   ・まち歩きでは、王子稲荷神社では石鍋さんより、十条冨士では冨士講の高木さんよりご説明いただきました。
   ・まち歩きの後に話し合いを行いました。

3月 13年度最終回
   ・「観光ガイドブックのコースについて見直しの必要がある」「北区にはおいしい和菓子屋が多い」「イラストを多く載せてほしい」、などさまざまな意見をいただきました。

5月 ・「名探偵★浅見光彦の住む街-少年時代編」バラとミステリーウォークに参加。
    現代の文士・内田康夫氏が「浅見光彦シリーズ」で描く西ケ原と、芥川龍之介や板谷波山らが移り住んだことから、かつて「文士・芸術家村」と呼ばれていた田端を歩きました。

   
★ご協力いただきましたボランティアの皆さん、取材に協力いただきました皆さん、ありがとうございました。

トップへ戻る