ヤマザクラ【山桜】
Prunus jamasakura
Sieb. ex Koidz.
ヤマザクラ群
ヤマザクラの写真
主として日本列島の南半分に分布し、低山地にも多いが、平地にも見られる。寿命が長いため、かなり大木になる。
落葉高木。樹皮は暗褐色または暗灰色。
花弁は5個、長さ約1.5センチ、ふつう楕円形で先端は凹型、色は白色、淡紅色、淡紅紫色など異変が多く、ときに先端がやや濃いものもある。
花期は4月上旬~中旬(東京)
シダレザクラ【枝垂桜】
Prunus pendula
Maxim. cv. Pendula
エドヒガン群
別名/イトザクラ(糸桜)
シダレザクラの写真
落葉高木。しばしば大木になり、大木の樹皮はエドビガンと同じようにいちじるしく縦裂する。
花弁は異変が多く、個体によって、形、大きさ、色がかなり異なる。形は楕円形、長蛇円形などで、ふつう長さ約1センチ。色はふつう淡紅色、ときに先端の色がやや濃い。
花期は3月下旬(東京)
ソメイヨシノ【染井吉野】
Prunus × yedoensis
Matsum. cv. Yedoensis
エドビガン群エドヒガン×オオシマザクラ
ソメイヨシノの写真
江戸時代の末期に、江戸染井村(現在の東京都豊島区)の植木屋から吉野桜と名づけて売り出された品種。1900年(明治33年)に出版された「日本園芸雑誌」に藤野寄命が発表した「上野公園桜花の種類」と題する論文の中で、はじめてソメイヨシノという和名がつけられた。学名はその翌年、松村任三によって命名された。
落葉高木。花弁は5個、楕円形または卵形で先端は凹型、長さ約1.5センチ、微淡紅色、ときにほとんど白色。
花期は4月上旬(東京)
ヤエベニシダレ【八重紅枝垂】
Prunus pendula
Maxim. cv. Plena-rosea
エドヒガン群
別名/エンドウザクラ(遠藤桜)
ヤエベニザクラの写真
遠藤桜とも呼ばれるのは、明治時代、仙台市長であった遠藤庸治が仙台市内に植えたからであるといわれている。
落葉高木。枝は長くしだれる。
花弁は15~20個、淡紅紫色、楕円形でややねじれる。
花期は4月中旬(東京)

やえざくら
カンザン【関山】
Prunus lannesiana
cv.Sekiyama
ヤマザクラ群
別名/セキヤマ(関山)
カンザンの写真
もと東京の荒川堤に栽培されていた品種で、カンザンまたはセキヤマと呼ばれている。しかし、セキヤマと呼ばれるものは小輪で、大輪のカンザンとは別物であるという説もあるので、ここでは一応カンザンを正名としておく。花弁は20~45個で、ふつう不規則にねじれる。外側の花弁は円形。内側の花弁は細長く、しばしば葯の痕跡がついている。
落葉高木。花は直径約5センチでやや下垂する。
花期は4月下旬(東京)
ギョイコウ【御衣黄】
Prunus lannesiana
cv.Gioiko
ヤマザクラ群
ギョイコウの写真
もと東京の荒川堤で栽培されていた品種で、古くから知られていた。花は淡緑色。特異な花色であるため珍しがられ、かなり広く栽培されている。花弁は約13個、外側のものは円形で長さ約1.7センチ、先端付近のふちには細かい切れこみがあり、またふちは外側に巻き返る。
落葉高木。
花期は4月中旬~下旬(東京)
フクロクジュ【福禄寿】
Prunus lannesiana
cv.Contorta
ヤマザクラ群
フクロクジュの写真
もと東京の荒川堤にあった品種。学名のcontortaは「ねじれた」という意味で、花弁がねじれるように曲がることによる。花弁は約20個、円形で長さ約2.2センチ、しわ状に波打ち、淡紅紫色で中心部のものは白色に近く、外側のものは色が濃い。
落葉小高木。
花期は4月中旬~下旬(東京)
ウコン【鬱金】
Prunus lannesiana
cv.Grandiflora
ヤマザクラ群
ウコンの写真
もと東京の荒川堤で栽培されていた品種。古くから栽培されていたサクラで、現在では広く普及している。花が淡黄緑色で、鬱金色すなわちウコンの根茎を使って染めた色に似ていることから鬱金の名がついた。花弁は7~18個で、独特の凹凸がある。落葉高木。
花期は4月中旬(東京)
キリン【麒麟】
Prunus lannesiana
cv.Kirin
ヤマザクラ群
キリンの写真
もと東京の荒川堤で栽培されていた品種。落葉小高木。樹幹はごつごつしている。花弁は21~50個、外側のものは紅紫色で長さ約2センチ、内側のものは淡紅色、ときにほぼ白色に近い。
花期は4月下旬(東京)